電話をかける 24時間WEB予約

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

マウスピース型の矯正装置(アライナー)を用いる矯正方法です。透明に近いマウスピースを歯の移動に合わせて段階的に交換しながら装着してくことで、少しずつ歯並びを整えていきます。歯につけていても目立たず、自分で簡単に取り外しもできるといった手軽さから、年々人気が高まっています。

当院のマウスピース矯正の
特徴

  1. 多種多彩なバリエーションをご用意 近年、世界的に人気の高まっている『インビザライン』、“前歯を少しだけ”など部分的な矯正におすすめな『AOYAMAアライナー』、中学生・高校生のための『インビザライン・ティーン』など。目立たない舌側矯正なども含め幅広い矯正治療法に対応しています。 多種多彩なバリエーションをご用意
  2. マウスピース矯正ができない
    歯並びもお任せ
    マウスピース矯正のみでは治せない歯並びがあることをご存知でしょうか。多くの場合においてマウスピースのみで歯列矯正は可能ですが、お口の状態によってはマウスピース矯正が適用できなかったり、できたとしても必要以上に治療期間が延びてしまうことや、治療後に歯の根のトラブルにつながるケースも少なくありません。マウスピース専門医院では対応ができない(難しい)歯並びについても、当院では目立ちにくいワイヤーとマウスピースを組み合わせた方法(ハイブリッド矯正/コンビネーション矯正)によって、通常より短期間かつ確実に治療することができます。 マウスピース矯正ができない歯並びもお任せ
  3. 専門医院ならではアフターケアで安心 進学や就職、転勤、結婚 etc..矯正治療では患者さまのライフイベントに応じて、治療期間中に軌道修正が必要となることがありますが、多くの医院ではその際に別途料金がかかります。当院では、治療を開始する前にご提示するプランに軌道修正に関わる料金も含めているので、別途料金を頂くことはなく安心。治療を開始してからも、何かあった時の不安もなく満足していただける確かな結果を出すことができます。 専門医院ならではアフターケアで安心
  4. 抜歯が必要な症例も的確に対応 矯正治療では歯を動かすスペースを確保するために、患者さまとご相談の上で必要に応じて抜歯をする場合があります。当院では事前に歯を抜く必要性や、抜かない場合の治療結果などについても丁寧にご説明していますので、ご安心ください。 抜歯が必要な症例も的確に対応
  5. 「早く矯正をスタートしたい」に
    応えるインハウスアライナー
    マウスピースの製作も院内で行える『インハウスアライナー』。光学スキャナーやシミュレーションソフト、3Dプリンタといった多額な設備投資が必要となることから、インハウスアライナーを取り入れている医院はまだ少ないのが現状です。当院では「なるべく早く矯正をスタートしたい」という患者さまのために、最新の設備を完備しています。外注せずにマウスピースをすぐに作成できるので、通常よりも早く矯正治療を開始することができます。 「早く矯正をスタートしたい」に応えるインハウスアライナー
  6. 治療期間を短縮させる
    光加速治療器は料金込み
    矯正治療には2〜3年の治療期間がかかります。それは、歯根周辺の骨の再生に時間を要するため、歯の移動を加速させるのは難しいとされていたからです。 しかしPBMヒーリング・オルソパルスは歯根呼吸させることなく歯が動かせ、移動の期間を短縮できる矯正治療の補助装置です。1日に8分だけ、この光(赤外線)を当てると、近赤外線を歯の周辺に照射するだけで歯を動かす矯正治療をスピードアップさせることができます。 オルソパルス

マウスピース矯正の
最先端技術を導入

アメリカ生まれのマウスピース矯正「インビザライン」は、マウスピースの素材・シミュレーションの技術など、日々目覚ましく進化し続けている治療方法です。
当院ではインビザライン矯正のために開発された光学スキャナー『iTero(アイテロ)』を導入し、さらに世界に先駆けて『3DCTとリンクした最先端のインビザライン矯正』を行なっています。

従来の型どりとの違い

  • お口の中から直接デジタル化するので
    誤差が少ない
  • シリコン印象材を使わず患者さまの
    不快感を軽減できる
  • 治療開始までの時間を
    短縮できる(平均2週間の短縮)

3DCTリンクによる
真のシミュレーションを実現

3DCTリンクによる真のシミュレーションを実現

当院では、さらに一歩進んだ『3DCTとリンクするインビザライン矯正』を導入しています。CTは従来のレントゲンでは得られなかった顎の骨や歯の根の立体的な形態などを詳細に把握できる診断装置です。
実は歯は見えている部分よりも根っこの部分の方が3倍ほど長くなっている部位もあります。熟練の矯正医は、自身の知識と経験をもとに歯の根っこ部分を想像しながら治療を行うことができますが、担当医によって矯正治療の仕上がりに差が生じる一因ともなっていました。
CTをインビザライン矯正のシミュレーションに活用することで、実際の治療における誤差を軽減し、再現性を最大限に高めることができます。20代の方も80代の方も同じように歯を動かし、より確実な矯正治療が可能となるのです。そして、治療もよりシンプル化できるため、結果として治療期間の短縮につながります。

当院のマウスピース矯正の
種類・装置の特徴

インビザライン矯正

インビザライン矯正について

インビザラインとは?

インビザラインは、歯科先進国と言われるアメリカのアライン・テクノロジー社(Align Technology, Inc.) が開発したマウスピース型の矯正装置であり、世界中にて1000万人以上の治療に使用されています。日本でも、ここ数年で取り扱う歯科医院が増加し、子どもから大人まで幅広く歯列の矯正治療に利用されています。
形の異なる複数のマウスピースを用いて矯正を行います。歯の移動に合わせて段階的にマウスピースを交換しながら装着してくことで、少しずつ歯並びを整えていきます。

インビザライン矯正のメリット

  1. 目立たず矯正できる 透明で目立ちにくい矯正装置のため、装着していることを周りからほとんど気付かれることなく歯列矯正治療を行えます。
  2. 自分で取り外しできる 食事の時や歯磨きをする時には、患者さま自身で取り外すことができます。装置のお手入れもしやすくお口の中を清潔な状態に保ちやすいのも特徴です。
  3. 通院回数が少ない 歯の型取りを1度で済ませることができるため、全体を通しての通院回数も少なくて済みます。忙しい方にも人気です。
  4. 金属アレルギーの心配がない 透明な特殊プラスチック製なので、金属アレルギーの方も安心して適用が可能です。

インビザライン矯正のデメリット

  1. 自己管理が重要 矯正装置の装着時間や治療方法など、事前にお伝えする内容をしっかり守っていただけない場合、治療期間が延びたり仕上がりに違いが出てしまいます。
  2. 適応できない場合がある 過去のデータの蓄積や治療技術の向上により、基本的には幅広い歯並びのお悩みに適用することが可能です。しかし、永久歯が生えそろっていないお子さまや、お口の状態によっては適用が難しい場合があります。

お気軽に無料カウンセリングに
お越しください

当院では、通常マウスピース矯正ができない歯並びに対しても、目立ちにくいワイヤー矯正と組み合わせた方法などで治療することができます。「自分はマウスピース矯正できるかな?」と気になる方も、まずはお気軽に当院の無料カウンセリングにいらしてください。

中学生・高校生のマウスピース矯正

中学生・高校生のマウスピース矯正につて

インビザライン・ティーン
(10代のマウスピース矯正)

マウスピース矯正インビザライン・ティーンは、中学生・高校生におすすめの矯正治療です。ワイヤー矯正のような痛みがなく、装置の脱離等のトラブルが少ないので、受験勉強・部活動・習い事に忙しい中学生・高校生でマウスピース矯正を選ぶケースが増えてきました。

インビザライン・ティーンの特徴

固い食べ物なども自由に食べられる

インビザラインの場合、基本的にお食事中は装置をはずすので固い食べ物、カレーライスなどの色の濃い食べ物、ガムやキャラメルなどの粘着性の食べ物も食べることができます。食べ物が装置に詰まるのを気にせずみんなと楽しく食べることができます。

固い食べ物なども自由に食べられる
お昼は装置を着けたまま食事OK!?

学校内で食べる事が多いお昼ご飯に限り、装置を着けたままお食事ができる場合があります。集団生活をしていると、昼食の前後にマウスピースの着脱が難しい場合があるかと思います。マウスピースをつけたままでも食べられるメニューやお食事後のケアなどについて、治療を始める前に当院の歯科衛生士が指導しています。

※ご注意※

この使用方法は、中高生のインビザラインの治療実績が豊富で、また院長自身がインビザライン治療しているためにできる特別な使用方法です。当院以外でマウスピース矯正をしている方など、特別な指導を受けないままこのような使用方法をすることはご遠慮ください。

運動などの制限がない

ワイヤーを使った矯正装置は激しい運動をしたときにお口の中を傷つけてしまう可能性があり、スポーツ用のマウスガードを併用する必要があります。インビザラインは柔らかいマウスピースでできているので、歯を守る効果があり、ワイヤー矯正のように運動の制限はありません。

運動などの制限がない

思春期の心身に配慮

10代はとても多感な時期です。集団生活の中で「人からどう見られているか?」ということや「体から発する痛み」にとても敏感に反応します。インビザラインは透明で装置が目立たず、周りの人に矯正治療をしていることを気づかれません。また歯の移動に伴う痛みがワイヤー矯正より少ないので、思春期の心と身体に配慮された治療方法です。

思春期の心身に配慮

自身で取り外しができて衛生的

患者さま自身で取り外しができる装置なので、普段と同じように歯磨きをすることができます。またワイヤー矯正のように食べ物が装置に挟まることもありません。マウスピースは2週間に1回新しいものに交換するので、清潔な状態でお使いいただけます。

自身で取り外しができて衛生的
フッ素で虫歯予防も

10代は歯の表面が大人に比べるとまだ柔らかく、虫歯になりやすい年頃です。アライナーにフッ素をつけて装着すれば虫歯予防になります。

発音のしづらさがない

インビザラインの装置は薄いので、装着時の不快感や発音のしづらさはありません。また、装置装着による口元の突出感もほとんどありません。

発音のしづらさがない

柔軟な治療計画

歯が生え揃っていない10代の患者さまの場合、歯が生え揃ってくると最初の歯並びと大きく変化することがあります。インビザラインでは当初の治療計画と異なる歯の生え方をした場合には柔軟に治療計画を軌道修正し、治療を続行することができます。中学生・高校生のインビザライン治療に詳しいスペシャルドクターであれば、歯並びの変化や身体の成長を予測して治療していきます。

柔軟な治療計画

通院の負担が激減

インビザラインの性能向上により、通院回数が1ヶ月に1回から2ヶ月半~3ヶ月に1回で済むようになりました。付き添いの時間調整が難しい共働きのご家庭や遠方からの通院の場合にもマウスピース矯正はお勧めです。※通院頻度は当院の場合です。医院により異なります。

通院の負担が激減

装置の紛失にも対応

装置は1~2週間ごとに新しいものと交換していきますが、途中でアライナー(マウスピース型の装置)を紛失した場合、6個まで無償交換が可能です。

装置の紛失にも対応

装着時間が測定できるインジケータ

インビザラインは、マウスピース素材の改良・アタッチメントの形状改良・シミュレーションソフトの改良など様々な方面で進化を続けています。マウスピース矯正は取り外しができるという特徴があるため、患者さまが1日どのくらい装着したかが治療成功の重要な鍵となります。2013年、インビザラインはコンプライアンス・インジケータという、装着時間を測定する機能をインビザライン・ティーンに追加しました。各ステージのアライナーに臼歯部奥(奥歯)に食用色素が添加された小さなディスクがついています。この色素は、唾液によってインジケータが青色から透明に変化していきます。色の変化で装着時間が測定できるので、治療の進行がスムースになります。

装着時間が測定できるインジケータ