歯列矯正専門・青山外苑矯正歯科
歯列矯正・無料相談

矯正治療について

健康に対する矯正歯科治療の役割

歯の位置異常および悪い噛み合わせは、口の中に悪い影響を及ぼします。矯正歯科治療によって、う蝕(虫歯)、歯周病、歯の喪失を防ぐことができます。成人矯正で最も一般的な対象は歯のでこぼこ(叢生)です。こうした状況では、いくら口腔清掃をしても口のなかを清潔に保つのは非常に難しく、う蝕になりやすいのです。

また歯の早期の喪失によって隙間(空隙)ができている場合、隣の歯がその隙間にむかって傾斜してきてしまいます。歯を支持する骨も弱くなり、歯の動揺が起きます。

突出している前歯は醜いばかりではなく、ここで噛むことはできません。そのために奥歯(臼歯)に過剰な負担が増え、歯肉に炎症が起こりやすくなります。炎症は歯周炎を起こしやがては義歯を必要になります。

矯正歯科治療による精神的な向上

患者様が精神的な安定を求めて矯正歯科治療を希望することもあります。それは顔、口、歯のみかけの第一印象からきています。歯並びが悪い患者様では自尊心が弱く、自信がないという研究報告もあります。

有名な心理学者のDr.Brothersが強調していることは~子供でも大人でも自分の体に魅力的でない部分があると、就職、人間関係、結婚、昇進に良くないといつも考えている~。歯並びが悪いためにかっこよくない、素敵でないと思っている人は話したり、笑ったりする時に手で口元を隠したり、歯が見えないように卑屈に笑ったり、他人との付き合いや仕事のときに積極性に欠けてしまいがちです。

矯正歯科治療は健康をもたらすばかりではなく、咬合異常を放置することによって後に必要となる高額な歯科治療や精神的な苦痛を減らすことができるのです。

美しく健康な笑顔で人生を!!

矯正治療できれいになる歯並びの種類

出っ歯

八重歯・歯のでこぼこ

受け口

開咬・オープンバイト

隙っ歯・正中離開

スペシャルコンテンツ

ブライダルに向けた矯正
院長矯正日記 歯科衛生士Nのマウスピース矯正ブログ 歯科衛生士Mの表側矯正ブログ
青山外苑矯正歯科・電話

医院情報

医院 医療法人社団 杏林会
青山外苑矯正歯科
院長 横谷 浩爾
(歯学博士、日本矯正歯科学会認定医)
住所 〒107-0062
東京都港区南青山2-26-37 VORT外苑前Ⅰ8F
最寄駅 東京メトロ 銀座線
外苑前駅 1a出口 徒歩0分
電話 03-3404-0418
診療日 平日(水曜除く) 10:00-20:00
土曜 10:00-19:00
日曜 10:00-18:00
休診日 水曜・祝日
カード・分割 クレジット各種、分割対応
施設情報 育成・更正医療指定機関
対応装置 表側矯正、裏側矯正、ハーフリンガル、マウスピース矯正、小児矯正、外科矯正など