矯正装置の特徴

矯正装置には大きく分けて、ワイヤー矯正とマウスピース矯正の2タイプがあります。

ワイヤー矯正

表側矯正

表側矯正

表側に装置をつけますが、当院の装置は目立ちません。 前歯(切歯、側切歯、犬歯)には透明サファイアの矯正器具を使用。ワイヤーにはピンクゴールド(写真上顎)またはホワイトワイヤー(写真下顎)を使用し、銀色のワイヤーよりはるかに目立ちません。 初期治療過程において、体温を感知し、自動調整をする形状記憶ワイヤーを使用しています。

裏側矯正

表側矯正

裏側矯正は歯の裏側につけるので、歯列矯正をしていることが気づかれないのがメリットです。その反面慣れるまで発音しにくいというデメリットがありましたが、以前より小型化されたので、接客業・芸能関係など人前に出て話すことの多い方にお勧めの矯正歯科治療です。

ハーフリンガル

表側矯正

上の歯には見えない裏側装置、下の歯には目立たない表側装置をつける治療法です。笑ったとき上の歯しか見えない方におすすめで、人気の矯正です。裏側矯正よりリーズナブルで表側矯正より矯正治療をしていることが気付かれにくいのが人気の理由です。

マウスピース矯正

アメリカ型(インビザライン(マウスピース型矯正装置))

表側矯正

ブラケットやワイヤーを使用せず、取り外しのできるマウスピースを使用する矯正歯科治療です。ワイヤー矯正と違い、装置が薄くて透明なので目立ちません。また、歯が動くときの痛みをほとんど感じないので、痛みに弱い方にもお勧めです。

ヨーロッパ型(CA)

表側矯正

上の歯または下の歯だけの治療も可能なので、「前歯を少しだけ動かしたい」という方や、「隙間の開いている部分を閉じたい」という患者さんの希望に合う治療方法です。特に、今まで「歯を治す場合は上下の歯列全体の矯正が必要」と言われ、費用面・期間・装置の見た目等で治療をためらっていた方にはお勧めの治療方法です。

Point!

装置によって治療の適用範囲(治療できる歯並び)が異なります。抜歯が必要な歯並びやガタガタの大きい歯並びにはマウスピース矯正は向きません。また、マウスピース矯正でも、一般的にヨーロッパ型(CA)の方が適用範囲が限られます。

当院のご案内

青山外苑矯正歯科

行き届いたカウンセリングと充実した技術で素敵な笑顔を―行き届いたカウンセリングと充実した技術で素敵な笑顔を―

院長:横谷 浩爾

東京都港区南青山2-26-37 VORT外苑前Ⅰ8階

▽最寄駅
東京メトロ銀座線 『外苑前駅』 より徒歩1分
電話番号:03-3404-0418
無料相談受付中!