矯正歯科・歯列矯正専門-裏側矯正・マウスピース矯正・インプラント矯正対応

矯正歯科・歯列矯正専門 青山外苑矯正歯科

無料カウンセリング・ご予約 03-3404-0418

予約アクセスマップ

青山外苑矯正歯科TOPページ >矯正歯科症例写真矯正歯科について

開咬(オープンバイト)の症例写真

開咬の症例写真

開咬症例写真 yajirusi 開咬症例写真
開咬症例写真 yajirusi 開咬症例写真
開咬症例写真 yajirusi 開咬症例写真
開咬症例写真 yajirusi 開咬症例写真
開咬症例写真 yajirusi 開咬症例写真
開咬症例写真 yajirusi 開咬症例写真
開咬症例写真 yajirusi 開咬症例写真

 

開咬について

奥歯で噛んでも前歯では噛んでおらず、上手くものが噛めない、口が閉じにくい状態をいいます。

開咬を放置しておくことの病状

1 奥歯を失いやすい。ものを噛むとき前歯は参加していないので奥歯で噛む負担が増してしまいます。年齢が上がっていくにつれて奥歯ががんばりきれなくなり失ってしまうことも多いようです。
2 発音しにくい。サ行、タ行が苦手でうまく発音ができません。したがって幼稚な発音に聞こえてしまいます。
3 症状が進む。発音するために前歯の隙間に舌をいれるので、前歯は余計開いてしまい、余計開くので舌を余計その間に入れる……などの悪循環がおこるのがこの病状の特徴です。
4 歯周病(歯槽膿漏)がすすむ。口元が閉じにくいのでお口が乾燥しやすく歯周病になりやすいのです。

 

◇関連リンク◇

矯正歯科の治療装置ハーフリンガルSTb舌側矯正インプラント矯正
デーモンシステム非抜歯矯正インビザライン矯正歯科の費用について

 

矯正歯科・無料カウンセリング
web予約特典キャンペーン中!矯正の初診予約をwebで行った方にデンタルグッズプレゼント

歯列矯正 クチコミ

 

青山外苑矯正歯科TOPページへ戻る