矯正歯科・歯列矯正専門 青山外苑矯正歯科矯正歯科・歯列矯正専門-裏側矯正・マウスピース矯正・インプラント矯正対応

無料カウンセリング・ご予約 03-3404-0418

予約アクセスマップ

青山外苑矯正歯科TOPページ >矯正歯科症例写真矯正歯科について

インプラント矯正の症例写真

患者さんプロフィール

30代女性
主訴:八重歯が気になる

お仕事の関係で装置が見えたり、発音障害が起きないようにしたいとのご希望だったので、インプラント矯正(ISAインプラント)を併用した舌側矯正(STbブラケット)に決定しました。

治療経過のスライドショー

 

治療開始前の写真

インプラント矯正1治療前 インプラント矯正1治療前 インプラント矯正1治療前
インプラント矯正1治療前 インプラント矯正1治療前 インプラント矯正1治療前
上顎左右の犬歯と下顎左右の3番(前歯から3番目の歯)が、八重歯になっています。

 

検査・診断

インプラント矯正診断 インプラント矯正診断
口腔内写真とレントゲン写真を元に診断を行いました。
上顎を見ると、犬歯の入る隙間がありません。 そのため、上下顎左右4番の抜歯が必要となりました。また、上顎右側に親知らずが埋没しているので、抜歯となりました。

 

治療中の写真

上顎の歯の動く様子
インプラント矯正1治療中
矯正歯科治療開始0ヶ月
上顎4番(前歯から4番目の歯)を抜歯し、テック(仮歯)をつけました。
また、上顎口蓋にインプラントを埋入しました。
犬歯からインプラント矯正にパワーチェーンをかけ、犬歯を抜歯した4番の位置まで移動させます。
インプラント矯正1治療中
矯正歯科治療開始1ヶ月
犬歯をパワーチェーンで引き始めて約1ヶ月がたちました。犬歯が相当量動いているのが分かります。
犬歯が動き、抜歯によってできた隙間が小さくなったので、それに合わせてテック(仮歯)を小さく作り変えました。
インプラント矯正1治療中
矯正歯科治療開始3ヶ月
犬歯が移動し、テック(仮歯)が不要になりました。小臼歯を抜歯した場合、奥歯が前に出てきてしまうのですが、インプラント矯正を使用することで奥歯が前に移動せず、犬歯を移動することが容易になりました。
インプラント矯正1治療中
矯正歯科治療開始4ヶ月
治療開始4ヶ月でワイヤーを使った矯正歯科治療がスタートします。治療開始の時からSTbブラケットをつけていて装置に慣れているので、ワイヤーをセットしても発音障害はほとんどありませんでした。
インプラント矯正1治療中
矯正歯科治療開始5ヶ月
ワイヤー治療により、歯のガタガタが徐々にきれいに整い始めました。今回の調整ではワイヤーを前回より1段階太くしました。
インプラント矯正1治療中
矯正歯科治療開始6ヶ月
ワイヤーをさらに1段階強くしました。
インプラント矯正1治療中
矯正歯科治療開始1年2ヶ月
下顎の治療経過を見ながら上顎の調整を行っています。ワイヤーの太さは変わっていません。
インプラント矯正1治療中
矯正歯科治療開始1年4ヶ月
歯軸の傾斜を直している段階です。
インプラント矯正1治療中
矯正歯科装置取り外し直前 NEW!!
抜歯した小臼歯の隙間が完全になくなり、歯軸の傾斜も改善されました。次回はついにボンディング(装置の取り外し)です。
インプラント矯正1ディボンド後
動的治療の終了  NEW!!
ワイヤーと歯につけていたブラケットを取り外しました。
このあとは歯の後戻りを防ぐための保定期間となります。


治療後の写真 NEW!!

インプラント矯正1治療後 インプラント矯正1治療後 インプラント矯正1治療後
インプラント矯正1治療後 インプラント矯正1治療後 インプラント矯正1治療後
前歯・奥歯ともに上下に歯がきちんとかみ合った状態になりました。
また、歯並びが整ったことで清潔感のある口元に変化しました。


Flash Player このサイトをご覧いただくためには、プラグインソフトウェアのFlash Playerが必要です。
左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。

 

◇関連リンク◇

矯正歯科の治療装置ハーフリンガルSTb舌側矯正インプラント矯正
デーモンシステム非抜歯矯正インビザライン矯正歯科の費用について

 

矯正歯科・無料カウンセリング

歯列矯正 クチコミ

青山外苑矯正歯科TOPページへ戻る