矯正歯科・歯列矯正専門 青山外苑矯正歯科矯正歯科・歯列矯正専門-裏側矯正・マウスピース矯正・インプラント矯正対応

無料カウンセリング・ご予約 03-3404-0418

予約アクセスマップ

青山外苑矯正歯科TOPページ >矯正歯科について矯正歯科について

ストレートワイヤー(L.S.W)法について

新しい裏側矯正・リンガルストレートワイヤーの取り組み

現在、裏側矯正(舌側矯正)は、マッシュルームアーチまたはクリスマスツリーアーチといわれるワイヤーが主流です。ところが、この形態のワイヤーではいくつかの問題点が出てきました。

表側矯正のワイヤー

表側矯正のワイヤー裏側矯正のワイヤーを説明する前に、比較として表側矯正のワイヤーを紹介します。
矯正治療というものは、歯の表側をきれいに並べるものです。表側矯正の場合、右図の様に歯の表側に矯正器具を付けてワイヤーをセットします。このワイヤーは、折り曲げていないプレーンな形状をしており、このワイヤーにより良好な歯列になっていきます。

裏側矯正のワイヤー

裏側矯正のワイヤー歯の裏側に矯正器具を装着する場合も、同様に歯の表側をきれいに並べることを治療目標とします。裏側矯正の場合、装置を歯の裏側につけながら歯の表側を揃えなくてはならないのです。
歯にはそれぞれの歯種(犬歯、大臼歯等)があり、それぞれに歯の厚みが異なります。その厚みの違いを考慮しながらワイヤーをセットしなければなりません。つまり、厚みのある分だけワイヤーを内側に曲げることになります。(ワイヤーインセット)
すると、裏側矯正のワイヤーは右図の様になります。これは、マッシュルーム、あるいはクリスマスアーチと呼ばれるワイヤー形態です。

歯並びをきれいに動かしていくということは、治療経過に合わせて最適なワイヤーのサイズ・材質を変えていくということです。歯が少し動くたびに、ワイヤーを取り替えるのですが、裏側矯正は上図の様に歯の厚みに合わせて内側に折り曲げます。折り曲げる位置や角度は患者さんにより異なるので、患者さん一人ひとりのオーダーメイドのワイヤーが必要になるのです。
ワイヤーを新しくするたびにインセット(内側に折り曲げること)の量が微妙に異なってしまい、それが小臼歯のかみ合わせの悪さ、歯が余計に揺れるなどの問題点を生じさせます。
また、患者様にとってお口の内側のワイヤーがくねくねと折れ曲がっていると、カーブの部分が舌にあたって痛いということもあります。
さらに、(ワイヤーを曲げる必要のない)表側矯正に比べ、裏側矯正の場合はワイヤーの曲げの誤差を修正するための治療時間(チェアタイム)もかかりやすくなってしまいます。

 

ストレートなワイヤーへの試み

従来の裏側矯正のワイヤーの欠点を改善し、表側矯正の様なまっすぐなワイヤーにしたらどうでしょう?まっすぐなワイヤーは、大きく曲げる必要がないのでドクターによる治療の誤差が無くなります。誤差がなくなれば、治療の無駄がなくなるのでより短期の治療が見込めます。
以上より、裏側からの治療を簡素化することで、患者さまにとってさらに快適な治療になるのです!

リンガルワイヤーの比較
左:従来の裏側矯正のワイヤー(マッシュルーム/クリスマスアーチ)
右:新しい裏側矯正のワイヤー(リンガルストレートワイヤー)


従来のワイヤーとの違い

従来のワイヤー
従来の裏側装置。
ワイヤーにカーブがあるので舌に当たり違和感が増します。
また、曲げた部分の微調整が必要なので、治療時間がかかります。

 

 

ストレートワイヤー(L.S.W)法
新しいストレートリンガルワイヤーを模型にセットした状態。
患者さんの模型をもとにワイヤーのアーチを調整します。

 

 

インダイレクトボンディング
インダイレクトボンディングにて装置を接着。

 

 

ストレートリンガルワイヤー症例写真
ストレートリンガルワイヤーをセット。

 


成人矯正小児矯正歯の動きの仕組み矯正歯科治療の流れ
矯正歯科の治療装置ハーフリンガルSTb舌側矯正インプラント矯正
デーモンシステムクリアティクリッピーLジルブラ非抜歯矯正インビザライン
見かけだけ治す治療との違い矯正歯科の費用について

 

矯正歯科・無料カウンセリング

歯列矯正 クチコミ

 

青山外苑矯正歯科TOPページへ戻る